紹介

メールフォームCGIです。 公式サイトはPGD WORKSです。

著作権の条件がゆるく、改造自由で、設置するとき著作権を表示しなくてもよいことが特徴です。 商用も自由です。

詳しいマニュアルはありませんが、自分で好きにプログラムできます。 例えばこのサイトのメールフォームではスパム対策を組み込んでいます。

また、PGD WORKSでは設置・カスタマイズも請け負っているとのことです。

インストール

修正部分が多くしかも複雑なので、自分のパソコンにXAMPP等をインストールしてテストしてから設置しましょう。

XAMPP for Windowsでの設定

XAMPPはサーバと仕様が異なります。 perlの位置やsendmailについて変更する必要があります。

もちろん、サーバにアップロードするときは元に戻します。

ファイル修正

lib/pgdmailform_config.cgiで宛先メールアドレスやサブジェクトを修正します。

template/default/ にあるテンプレートファイルを修正します。 日本語コードは統一します。

form.html

メールフォーム画面

check.html

この内容で送信してよいか確認する画面

send.html

送信した直後に表示する画面

mail.txt

送信するメールのテンプレート

mail_sender.txt

メールフォームに書き込んだ人に返信する控えのテンプレート
控えを返信しない場合は削除

ラジオボタンやセレクタを使う場合は、bin/pgdmailform_tmplenc.plを利用します。 まずデコードして書き換え、その後エンコードします。 自分のパソコンで作業しましょう。

具体的にはコマンドプロンプトを開き、以下のようにします。

C:\xampp\htdocs\bin>perl pgdmailform_tmplenc.pl decode < form.html > form_plain.html

C:\xampp\htdocs\bin>perl pgdmailform_tmplenc.pl encode < form_plain.html > form.html

アップロード

アップロードするのはpgdmailform.cgi、css以下、lib以下、template以下です。

パーミッションは以下のようにします。

pgdmailform.cgi

700

lib・template以下のディレクトリ

700

style.css

604

cssディレクトリ

705

その他のファイル

600

ただし、変更必須なのはpgdmailform.cgiだけです。 他はデフォルトのままでも動作します。

動作確認

pgdmailform.cgiをブラウザから呼び出します。

スパム対策

デフォルトでは特に組み込まれていません。 フォームに入力するメールアドレスや郵便番号等が適切か確認するくらいです。

必要なら自分でプログラムします。

アプリケーション/pgdmailform (最終更新日時 2009-12-22 19:41:24 更新者 admin)