1と2のリビジョン間の差分
削除された箇所はこのように表示されます。 追加された箇所はこのように表示されます。
行 9: 行 9:
難しすぎて読めないときは中央部右寄りにある2本の矢印が渦を巻いているようなボタンを押せば、別の候補にわります。 難しすぎて読めないときは中央部右寄りにある2本の矢印が渦を巻いているようなボタンを押せば、別の候補にわります。
行 16: 行 16:
デジタル化には主にOCRを使いますが、全て読めるわけではありません。 作業は主にOCRを使いますが、全て読めるわけではありません。
行 21: 行 21:
ある読み方が十分多くなったら、それが正しい読み方と扱えるでしょう。 ある読み方が十分多くなったら、それが正しい読み方と見なせるでしょう。
行 47: 行 48:
プラグインが公開されているものもあるので、探してみましょう。 プラグインが公開されているものもあります。
探してみましょう。
行 51: 行 53:
ドメイン名がlocalhostならreCAPTCHAは正常に動作します。 ドメイン名がlocalhostなら、どのドメイン用のKeyを使ってもreCAPTCHAは正常に動作します。
行 64: 行 66:
それぞれを`./lib/Captcha/reCAPTCHA.pm`、`./lib/HTML/Tiny.pm`のように置きます。 それぞれCPANからダウンロードして解凍し、reCAPTCHA.pmとTiny.pmを`./lib/Captcha/reCAPTCHA.pm`、`./lib/HTML/Tiny.pm`のように置きます。

案内

reCAPTCHAとは、画像認証でスパムを防ぐツールの一種です。 他のアプリケーションと組み合わせて使います。

具体的には以下のような画像認証を表示し、2つの単語を人間が書き込むことで、機械的なスパム書き込みを防ぎます。 難しすぎて読めないときは中央部右寄りにある2本の矢印が渦を巻いているようなボタンを押せば、別の候補に替わります。

  • reCAPTCHA画像認証

この単語は書籍をスキャンしたものを利用していて、スパムプログラムが突破するのは困難です。

実はreCAPTCHAは書籍のデジタル化作業の一翼を担っています。 作業は主にOCRを使いますが、全て読めるわけではありません。

提示される単語の1つは判読済みのもので、他方はOCRが判読に失敗したものです。 認証自体は判読済みの方を使います。 認証に成功したら、未判読の方も正しく読んでいるだろう考えられます。 ある読み方が十分多くなったら、それが正しい読み方と見なせるでしょう。

こうしてデジタル化の作業を進められます。 その様子はDigitization Accuracyにあります。

鍵の作成

reCAPTCHAを利用するには公式サイトにアカウントを作る必要があります。

  1. 公式サイト http://recaptcha.net/

  2. MY ACCOUNT → New to reCAPTCHA? Sign up
  3. アカウントを作ります。

アカウントを作ったら、自分のサイトに合わせたPublic KeyとPrivate Keyを作ります。 1つのアカウントでドメインごとに作れますし、global keyというのも作れるようです。

  1. 公式サイト http://recaptcha.net/

  2. MY ACCOUNT → ログインします。
  3. 自分のサイトのドメイン(例えばfaq.crz.jp)を入力します。
  4. Create Key。
  5. Public KeyとPrivate Keyを保存しておきます。

利用

reCAPTCHAに対応済みのアプリケーションもあります。 その場合はPublic KeyとPrivate Keyを設定するだけで使えます。

プラグインが公開されているものもあります。 探してみましょう。

ローカルマシン

ドメイン名がlocalhostなら、どのドメイン用のKeyを使ってもreCAPTCHAは正常に動作します。

XAMPP等で作業・実験できます。

プログラミング

Resourcesのページが参考になります。

Perl

Resourcesにあるように、reCAPTCHA用のモジュールがあります。

必要なのはCaptcha::reCAPTCHAHTML::Tinyです。 それぞれCPANからダウンロードして解凍し、reCAPTCHA.pmとTiny.pmを./lib/Captcha/reCAPTCHA.pm./lib/HTML/Tiny.pmのように置きます。 Perlプログラムで以下のようにすればreCAPTCHAを利用できます。

use lib './lib/';
use Captcha::reCAPTCHA;

アプリケーション/reCAPTCHA (最終更新日時 2009-12-27 22:50:33 更新者 admin)